省エネルギーで安心の床暖房

  • 2010年2月 6日(土)

寒冷地である北海道の場合、理創の家として最初の要望は暖かい家。理創ホームでは暖房機器の概念を取り払い、 家の基礎を大きな蓄熱源とする「土間コン低温水床暖房」という次世代暖房システムを導入しております。

土間コン低温水床暖房とは、
土間コン低温水床暖房のイメージ

基礎となる土間コンクリートに温水パイプを敷設し、温水の熱でコンクリートを温め、床下から居室内を暖房する方式です。

その効果はストーブなどの暖房器具は必要とせず、温められた土間コンクリートが「蓄熱装置」の役割をして一度温まると低い温水でも十分な暖房効果が得られます。


土間コン床暖房工事の写真1
施工中の写真
土間コン床暖房工事の写真2
(クリックすると拡大します)
土間コン床暖房工事の写真2
 
約70~80℃必要
45℃の低温水でも十分に温熱

一般的な床暖房の場合、床に敷設した温水パイプの湯温のみで居室内を温めるため、約70~80℃の湯温が必要といわれております。

 
45℃で十分

土間コンクリートは一度温めると冷めづらいため、冬期シーズンの初めに蓄熱した後は、25~35℃低い約45℃の湯温でも十分に温熱環境が得られるのです。

 
電気ボイラー
電気代がお得な融雪用電力で経済的

熱源は電気ボイラーを使用、火を使わないので外出時でも安心です。 日々の使用電力は、ちょうどお風呂の温度45℃くらいに温める分だけで十分です。

さらに格安な融雪用電力「ホットタイム22」が利用でき、一般の床暖房にくらべ大変経済的です。

 
トップへ戻る